2018年11月15日(木)ライトジギング

タチウオが朝、良くなかったので、ライトジギングに変更。マダイ、ハマチ、ヤズ、マゴチ、キビレなどが上がりました。

2018年11月14日(水)タチウオ五目釣り

今日は風も多少は収まったので、前日のポイントに一直線。朝一、2回流してエソが2匹のみ。潮が緩む時間帯に期待してウマヅラ釣り。ウマヅラ、中アジ、カワハギ、チダイ、アマダイなどが上がりました。大物釣りも試みましたが、ヒラメは不発で、良型のアコウが上がりました。帰りに再度、タチウオを打診してみましたが、散発的でした。

2018年11月13日(火)ライトジギング

今日は常連さんとタチウオ釣りの予定でしたが、釣り場に着くと予想外のウネリで、年配の方もおられたし、安全第一で近場まで帰ってライトジギングをしました。サゴシ、サワラ、ハマチ、ヤズなどが上がりました。

2018年11月12日(月)ライトジギング

今日は少人数でライトジギングです。サゴシ、ヤズ、キビレなどでした。

2018年11月11日(日)ライトジギング

今日は新人さんが多いので、浅場でのライトジギングです。サゴシ、マダイ、ハマチ、マゴチ、アカエイ他、色々釣れました。

2018年11月10日(土)ウマヅラ五目釣り

今日はマルハゲ釣りの予定でしたが、反応が悪いのでウマヅラに変更。中アジは底まで落とせばよく掛かっていましたが、ウマヅラは活性が低く、終始、ボツボツの喰いでした。

2018年11月5日(月)タチウオ五目釣り

今日は常連さん2名、新人さんGと出航。前日、まずまずだったポイントに直行。朝はボチボチでしたが、潮が2ノット前後になると全くアタリガなくなりました。粘りましたが見込みがなさそうなので、帰りに中アジ、ハゲを少々釣って帰りました。ヤレヤレです。

2018年11月4日(日)タチウオ釣り

今日は常連さんとご家族連れ、若いカップルの新人さん達と出航です。ここのところ通っているポイントは活性が落ちつつあるので、色々考えながら沖を目指します。取りあえずは昨日のポイントに到着すると既に船団ができつつあります。1回流してアタリもあまりないし、他船の釣況を遠目に見ても殆ど上がっていないので、直ぐに移動。次のポイントはかなり遠目に2隻、周囲には誰もいませんが、1流しで船中で1匹。これでは仕事にならないので、かねてから怪しいと思っていたアジロに大きく転進。ここは先行船が2隻いましたが、最初からまずまずの喰いでした。ただ型は小型〜中型が大部分で、極くたまに大型が掛かると言った感じでした。トップ30本前後でアタリは頻繁にあったので、釣果の割には十分に楽しめました。朝一からこのポイントに直行すれば満足できる釣果になっていたでしょう。釣りは難しいですね〜。本日、初乗船のご家族連れの僕ちゃんもお父さんと一緒にチビですがタチウオを釣りました。頑張ったね〜。将来は一流のアングラーに成長する事でしょう。

 

2018年11月2,3日(金、土)タチウオ釣り

2日はたまに来られる常連さんの貸切でしたが、経験、タックルの差で釣果にばらつきがありました。

3日の土曜日は乗り合いでしたが、前日と同様に慣れ不慣れで釣果は変わりました。

2018年10月31日(水)タチウオ釣り

今日は若い方々グループの貸切で出航。特によい時合はありませんでしたが、終日、ポツポツと言った感じでした。

2018年10月30日(火)タチウオ五目釣り

タチウオの釣況が上向いて来ないので、今日も二刀流の準備をして出航。朝一はまずはタチウオのご機嫌を伺います。昨日同様、小型が散発的なので、早めにウマヅラ、イサキ釣りにシフトです。最初は潮がまだ早かったのでオマツリもありましたが、潮が緩んで来ると良型がまずまず上がっていました。散発的に上がっていた丸々と肥った50cm前後のマサバは船長の僕が見ても羨ましかったです。サバの刺身、今夜の夕食が楽しみですね〜。

2018年10月28,29日(日、月)タチウオ、タチウオ五目釣り

 10月27日の土曜日は強風のため昼釣り、夜釣りともに中止としました。ご予約頂いていた皆様、申し訳ありませんでした。日曜日は多少、風も収まってきたのでタチウオ一本で出航です。ただ、まだ潮が大きいので、どう言う展開になるか心配していましたが、予感、的中でトップが12本程度でなお且つ、型が小さいという最悪の釣果になりました。ご乗船頂きました皆様、すみませんでした。

 月曜日は昨日の轍は踏まないようにタチウオとウマヅラ・イサキの準備もして出航です。朝の2時間程度、タチウオをやりましたが、一人数本程度。早めに見切りをつけてウマヅラ・イサキを狙います。型は良型でしたが、入れ掛かりまでには及びませんでした。帰りにまた小1時間、タチウオをやりましたがやはり小型が一人1〜3本程度でした。18時過ぎに帰港しました。

 

 

2018年10月25日(木)ウマヅラ五目釣り

今日は常連さんのタチウオ釣りをしたいとのご要望でしたが、大潮最終日で最も干満差が大きい潮廻りなので、まず期待は持てませんよと告げて開始です。午前9時過ぎまでやって数回アタリがあったのみで、全くお話になりません。ウマズラの準備もしていたので大きく転進して五目釣りで再開。中アジは底まで落とせば入れ掛かりでしたが、ウマヅラは最初、撒き餌を撒いても浮いてこなかったので最初は苦戦しましたが、その後はまずまず上がっていました。外道はマアジ、カサゴ、イサキ、チダイなどでした。

2018年10月20,21日(土、日)タチウオ釣り

この週末は大部分が新人さんでタチウオ釣りに出掛けてきました。釣果は小型がポツリポツリと上がる程度で両日とも良くなかったですね〜。特に日曜日は波も1.5m程度あり、船酔い続出で厳しい釣りとなってしまいました。

2018年10月18日(木)タチウオ釣り

今日は大部分がロシア人のグループの貸切で出航です。前日は午前中によく当たったので早めに出て沖を目指します。ポイントに着いて釣り方を教えるのに日本語も英語もよく分からないみたいだったので、苦労しました。それでもジェスチャーでどうにか説明して、さあ開始です。昨日ほどではないにしても小型が中心でまずまずアタリます。上がってきた魚を見てロシアの方は目を丸くしていたので、多分、ロシアにはタチウオはいないのでしょう。午前10時頃、アタリガ遠くなって来たので移動。次のポイントは貸切状態です。海はべた凪で天気も良く小春日和の陽気です。ロシアの1人の方は上半身裸ん坊で釣りをされていました。その方が今から飛び込んで泳いでもいいかと身振り手振りで言われたので、それは危ないので丁寧にお断りしました。14時、納竿。タックルのトラブルも多く、3本の竿先が折れていました。どうもロシア人は暑がりで、豪快な国民性みたいです。本日もちなみ丸にご乗船頂き有難うございました。

次回までにカタコトのロシア語を勉強しておきます。

2018年10月17日(水)タチウオ釣り

今日は少人数の常連さんと出航です。天気も潮もまずまずでトップが40本少し。型は小型が主体でしたが時折、指3本半から4本の中型も混じっていました。

2018年10月16日(火)タチウオ釣り

今日は貸切でしたが、タックルや経験の差でダブルスコアー以上の釣果の差がありました。型は概ね小型主体でした。

2018年10月15日(月)ワタリガニ漁

今日はお客さんがなかったので、ワタリガニの蟹網漁です。今年はワタリガニも不漁ですね〜。

2018年10月14日(日)タチウオ釣り

今日のタチウオ釣りはアタリはまずまずありましたが、小型が多かったせいもあってか、掛かりはあまりよくなかったです。トップは20本前後でした。時折、指3本半〜4本程度も混じっていました。

今年の夏は猛暑酷暑で、遅れ気味でしたがこれから釣果は伸びて行くだろうと思います。

 

2018年10月13日(土)アジ五目釣り

今日は会社関係の貸切ですが、大人数なので廿日市の僚船にお願いして2隻で出航です。ビギナーの方が大部分と聞いていたので、迷わずアジ五目釣りです。風がそこそこあって釣り難い状況でしたが、中アジは落とせば直ぐに掛かっていました。外道はメバル、カサゴ、チダイ、マダイ、ウマヅラ、ヒラメ、マサバなどでした。

2018年10月11日(木)ウマヅラ釣り

今日は少人数の常連さんと出航しましたが、風が強くダメでした。早めの納竿です。

2018年10月9日(火)イサキ五目釣り

今日は常連さん、新人さんとイサキ五目で出航です。数的には大したことはありませんでしたが、掛かれば良型でした。外道はウマズラハギ、カワハギ、マアジ、メバル、カサゴ、イラ、マダイ、チダイ、ショウサイフグでした。

2018年10月3日(水)イサキ・ハゲ五目釣り

今日は午前中はボチボチ、午後からの潮に良い時合がありました。

2018年9月29日(土)タチウオ釣り

 台風24号の接近で秋雨前線が刺激され雨降りの週末となりました。今日のお客さんは2週間前に来られた常連さん達です。狙いはタチウオですが、潮は下りの中潮3日目で大きいし、風もあるので風裏のポイントからスタート。開始からすぐに後ろのベテランさんがチビタチを上げられたので脈があるかなと思いましたが、その後はシーン。どうやらアタリもないみたいです。仕方ないので大波を乗り越えて東方面の風裏に移動。数か所、攻めてみましたが、やっぱりアタリもないまま時間だけが経過していきます。どうも今日の潮にはタチウオはいなかったみたいです。水中にタチウオはいませんでしたが、水面で餌をねだるセグロカモメはたくさん漂っていました。13時半、風雨も強いし、早めの納竿としました。早朝から昼過ぎまでシャクって、1度のアタリもないお客さんもおられました。ヤレヤレです。

 帰路の操船中に思い出したのは今日のお客さんの大多数は2週間前の夜釣りでカメムシ攻撃に遭遇した皆さんでした。前回はカメムシ、今日は風に吹かれ、雨に濡れ、タチウオにもソッポを向かれ、これはまだあの時のカメムシの祟りが続いているのではと変に納得した船長でした。今日は雨の中、有難うございました。釣れなくてすみませんでした。

2018年9月26,27日(水、木)船の上架、ワタリガニ漁

今週は時間があったので、船を上架して船底と簡単なメンテをしていました。木曜日の朝には下してその後はワタリガニ漁です。美味しそうな蟹がかかっていました。

2018年9月24日(月・祝日)能美・沖の島の夏フェス

朝夕はめっきり涼しくなりました。夜釣りの時は長袖じゃないと肌寒い位ですね〜。今日は友達の依頼で沖の島で開催される夏フェスのミュージシャンの方々の送迎の仕事が入っていましたが、前日、予定変更でポッカリ1日、空いてしまいました。前日キャンセルでする事もないのでその友達と船で夏フェスを見に出掛けてきました。(柳ジョージと)RAINY WOOD の演奏も過ぎし昔の自分に会ったような懐かしいサウンドでした。

2018年9月23日(日)タチウオ五目釣り

今日はタチウオ釣りと五目のリレー釣りです。まずはタチウオ釣りから開始。アタリはそこそこあるみたいですが、いかんせん掛かったタチウオを見ると七夕の短冊のようなペラペラのちびっ子ばかりです。午前10時過ぎまで粘ってみましたが、好転しないだろうと見切りをつけて大きく転進。昼からは五目と大物釣りです。中アジはそこそこ上がっていましたが、大物はハリス切れが多かったですね。外道はマアジ、イサキ、メバル、カサゴ、ヒラメ、ウルメイワシ、ウマズラハギ、フカでした。

2018年9月22日(土)メバル夜釣り

今日は定期的に来て下さるグループの貸切で出航です。少し早めに出てまずはイサキ、大物釣りから開始。相変わらずポイントにウルメイワシと中アジが多いので、イサキは散発的でしたが、掛かれば良型イサキでした。日没からはメバル釣り。今夜は予想外に潮が速かったので、あまりよい釣果ではありませんでした。毎度、船長の分まで作って下さるお弁当は今回も大変、美味しかったです。毎回、ご配慮有難うございます。

2018年9月17日(月)メバル夜釣り

 連休最終日。今日は何時も来られる常連さん2組、単独の1名の方と出航です。今回もメバル釣りの前にイサキを釣りたいとの要望で、早めの出航です。イサキは30cm程度の中型も混じりましたが、時合に入れば大型がまずまずの喰いでした。日没からはメバル釣りです。相変わらず餌取りの中アジが混じりますが、中型〜大型のメバルがいい調子でコンスタントに上がっていました。外道はマアジ、ウルメイワシ、イサキ、ウマズラハギ、マルハギ、カサゴ、メバル、グレ、マダイなどでした。

心配していたカメムシの襲撃は今日はなかったのでホッとしました。本日もちなみ丸にご乗船頂きありがとうございました。

 

 

2018年9月16日(日)昼間はイサキ五目+大物釣り、夜はメバル釣り

 今日の昼間の釣りはご家族連れで船釣りデビューのビギナーさん、別の新人さんグループと常連さん2名様とイサキ狙いの五目釣りで出航です。最近、どのポイントも中アジとウルメイワシがベッタリなので、これらの魚をかわしながらの厄介な釣りとなります。釣り始めはパラパラとイサキが上がりますが、次の流しからは先述した魚が鈴なりの状態です。どこのポイントも同じ事の繰り返しなので、午後からは大物釣りに変更。ただこれもビギナーの方が多かったので、ライン切れ、ハリス切れが多発していました。イサキ以外の外道はマアジ、ウルメイワシ、カサゴ、メバル、トゴットメバル、ウマズラハギ、マダイ、チダイ、ハマチ、ヒラメでした。

 一旦、帰港して16時からは夜釣りで出航。風もなく天気は上々。夜のお客さんは常連さんのみなので、爆釣の予感を感じながら沖を目指します。日没前に釣り場に着いてさあ、開始〜。まだ陽があるので、中アジが入れ掛かりですが、ポツリポツリとメバルも混じります。これでとっぷり陽が落ちればメバルも入れ喰いになるだろう内心、ほくそ笑んでいましたが、夜の帳が完全に落ちても中アジのラッシュ、ラッシュ。何故なんだろう、それにしても今日は明りに集まって来る虫が多いな。風がないからなのか、夏の猛暑で大量発生したのかなどと考えながら時間が経過しても、依然としてメバルは小型が散発的にしか上がりません。メバルは釣れないけど虫はどんどん集まってきます。それにしてもこの虫は何の虫だろうとふとキャビン横で釣っている常連さんの背中を見るとカメムシが4〜5匹、張り付いています。エ〜、これ全部、カメムシ〜。慌ててキャビンから出て外を観察するとデッキにもキャビンの壁、タモ網、お客さんのロッドケース、全ての物にカメムシが張り付いていました。果たしてこれで何百匹いるんだろう。50数年間、生きて来てこれだけ一度に大量のカメムシを見た事がないので、一瞬、気絶しそうになりました。気分が悪いのですぐに移動〜。カメムシを振り払おうと高速で飛ばしましたが、彼らも海に振り落とされまいと必死にしがみついています。次のポイントに着いて停船して明りを点けたらまたカメムシ地獄。キャビン横の常連さんは釣りはそっちのけでカメムシ退治をしている有様で、この時点でもう今日の釣りは終わったなと確信しました。アジに餌を取られ、たまにメバルが釣れても小さいし、帰りの船中もカメムシのあの独特な臭いで気分が悪くなりました。今日はカメムシをたくさん退治したから、これもカメムシの祟りなのでしょう。やるせない一日でした。