2019年12月4日(水)投網によるコノシロ漁

 少し前からちなみ丸の係船場所付近の海域で小魚がぴちぴち跳ねているので、何の魚だろうと注意深く観察してみるとなんと20cm前後のコノシロの大群が海田湾の浅い海域に入って来ているようです。この事を梅さん副船長に話すと漁師魂に火が付き、どうにかしてこのコノシロを獲ろうという話になりました。ただ市漁協の取り決めで、海田大橋以東は刺し網の網入れは禁止されています。色々と考えた挙句、投網を使う事にしました。

 翌日、副船長のドライブ船で出撃です。あちこちに海底が真っ黒になる位の大群がいます。群れに近づいたらエンジン停止。惰性で群れの手前まで行って船首から投網を打つと何百ものコノシロが網に入ります。あまりに入り過ぎて網裾の沈子が狭まらないので半数位は逃げますが、それでも凄い数のコノシロが獲れます。生簀にも入りきらないので、取り敢えずは張りダモに入れて活かしておく事としました。

このコノシロがどうなったかはまた報告します。

 

スポンサーサイト