メバルサビキ釣りのコツ」について

 正月明けから日本列島は寒波の連続、広島市内の最低気温も氷点下になる事もしばしばで、今季の寒さは例年にない異常ですね〜。皆さん、風邪など引いていませんか〜?。しかしながら暦の上では立春を過ぎて、海の中では少しずつ春に向かって進んでいます。今日はシーズンインしたメバルのサビキ釣りのコツについて書いてみましょう。

 普段、ちなみ丸のメバルサビキ釣りは中型(18cm〜25cm)の数釣りを目指しています。時合の時に一投で如何に数多くのメバルを針に掛けるかが大切で、それがサビキ釣りの醍醐味でもあるので、以下の点に留意して下さい。

 

1.タックルについて

 竿はメバル専用竿の3.0〜3.6mまで。調子は8:2〜7:3程度。インナー竿よりもガイド竿をお勧めします。竿はメバル釣りで最も重要なタックルなので、多少、高価になりますが有名メーカーのものをお選び下さい。安価なメバル竿でいいものはまずありません。高価な竿でも大事に使えば一生使えるし、一回の釣行でより多くのメバルを釣れば竿代位は直ぐに回収できるはずです。次にリールですが小型の電動リールでも手巻きのベイトリールでもどちらでも構いませんが、電動は自重が重くなるため、ちなみお丸は手巻きをお勧めします。漁礁の上に浮いたメバルを釣る事もあるため水深表示は不可欠です。リールに巻くラインですが、案外、常連の方でもラインの太さに関しては無頓着な方もおられます。メバルは本流であれ反流であれ流れのあまりないところでは小型やチビしか釣れません。流れがある中で40m〜50mの水深で仕掛けを海底から立たせるにはより細いラインが必要となります。PE0.6号〜0.8号までの8本撚りが適当と思います。外ガイドの場合は必ずフロロカーボンのリーダーを4m程度付けて下さい。

 仕掛けは必ず指定した種類・規格のサビキをご用意下さい。メバル用のサビキは各社から多種多様のものが販売されています。高活性の入れ食いの時合を除けばサビキの種類によって釣果は大きく異なります。西瀬戸内海においては鳴門船サビキ(0.6号-5号、松浦釣具)が最も安定して釣果が望めるサビキだと思います。

2.船上での準備

 ポイントに到着して仕掛けをセットしたら必ず舳先側に竿、船尾側に錘を置いて下さい。船はスパンカーで常に舳先が風上に向いています。逆ですと仕掛けが穂先に絡んでしまい投入したい時に仕掛けを入れられません。

 メバルは瀬にしろ漁礁にせよアジのような大きな群れは作りません。どこにメバルの魚群があるのかソナーで確かめて潮上からその時の流速、水深を考慮して合図を出します。投入合図があって竿を手にするのではなくエンジンがスローになったら竿と錘を手に持って何時でも投入できるように準備をして置いて下さい。前述したようにメバルの魚影は小さいので投入のタイミングが10秒,20秒遅れると魚影の外に仕掛けが入るのでまず釣れる事はありません。メバルが鈴なりに掛った時でも手早く魚を外していち早く次の投入の合図を待ちます。このよい循環を続けて行けばクーラーの中にどんどんメバルが溜まっていきます。悪い循環(投入が遅い→釣れないもしくは根掛かり→次の投入も遅れる)では中々、数を上げる事はできません。

2.釣り方について

まずポイントに着いたら海底状況の説明をしますのでそれを頭の中に入れておいて下さい。駆け上がり、駆け下がり、漁礁、転石帯など海底の様子を想像しながら釣らないと根掛かりが多発します。合図で仕掛けを投入しその時の竿の角度は8時位です。仕掛けが着底したら糸ふけを取り錘を底から40cm〜50cm切って下さい。この時の竿の角度は水面とほぼ水平です。多くの場合、この時にアタリがあります。仕掛けが3mありますので、どの辺りのハリに魚が掛かったかは経験がないと分かりづらいのですが、同じ型なら上針に掛った場合の方が明確なアタリとなります。駆け上がりを釣る場合は船はどんどん浅い方に流されて行くので、底を少し切った水深を維持します。駆け下がりならクラッチを切って親指でスプールをサミングしながら道糸を出してゆきます。たまに着底した後、上下に仕掛けを動かす方がおられますが、これは厳禁です。川のように流れているポイントならいざ知らず、普通のポイントでは底に近い層でサビキのサバ皮が底潮を受けて鯉のぼりのようにサビキがたなびかないとメバルは釣れません。言ってみればサビキを潮に漂わすイメージが大切です。いち早く1匹掛ればその動きが誘いとなるためできるだけ早くかつ数多くの魚を掛けて早めに回収し、次の投入に備えます。この循環・船との呼吸が大切です。

 今回はサビキ釣りについて簡単に言及しましたが、次回はより高度な大メバルの釣り方について書いてみます。

スポンサーサイト